スポンサーサイト

2014.07.15 Tuesday  
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    宇と宙の間に在りて

    2014.05.11 Sunday 07:35 
    0
      その存在の

      物理的中心が

      自分ではないとしても



      その存在の

      物理的中心を

      自分だと仮定して



      自分を包み込む

      極限まで広大な

      天と地の間を『宇』と呼び





      その存在の

      実質的中心が

      現在ではないとしても



      その存在の

      実質的中心を

      現在だと仮定して



      極限まで遥かな過去から

      現在を挟んで

      同じ永さ分だけ

      極限まで遥かな未来を『宙』と呼び


      宇宙


      その両方を掛け合わせて

      極限まで膨大な存在を

      『宇宙』と呼んだとしても



      その外側には

      自分の知識と経験と想像の

      限りを尽くしても

      及び届かぬ『時空』が存在する





      それもまた

      『宇宙』なのである




      ■関連記事
       ・私とは・・・
       ・5月の雨
       ・あなたがいて・・・
       ・遠い日に
       ・真実であり、偽りであり



      JUGEMテーマ:



       
      category:詩・詞 | by:帯短襷長comments(1) | - | -

      スポンサーサイト

      2014.07.15 Tuesday 07:35 
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment
        おはようございます。
        宇宙・・・あまりにも巨大で、いや果して巨大という大きさを示すことも正しいのかわからない。今、自分が存在する現実。この存在さえ在るものなのかわからない。こういったことを考える大切さ、そして考えている事実は、自分の中(自分的中心)に考えが発生したことは間違いない。そして今キーボードをたたいてて、第三者が見てもわかる確証を残した。
        ※勝手なことを綴ってすみません。








           

        管理人プロファイル

        OBI NI MIZIKASHI の購読
         RSS で購読する             
        メールで購読する            

        カレンダー
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        ブログ内検索
        月別アーカイブ
        カテゴリー
        ブログ内ランキング
        最近のコメント

        お気に入りブログ集

        注目
        ご訪問者
        にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
        blogramのブログランキング
        ブログパーツ


        PR
        推薦
        リンク


        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM